カラーダイヤモンドの不思議2

カラーダイヤモンドコレクション2

ブラウンダイヤモンド

ブラウンダイヤモンドというダイヤモンドはどんなダイヤモンドなんでしょうか。

ダイヤモンドというのは、地球上で一番硬いとされている鉱物であり、その類稀なる光沢と鮮やかなファイアによってすべての宝石の中でもっとも価値の高いものとされてきています。そしてこれらダイヤモンドは、4Cと言われるcolor(色)・cut(カット)・clarity(クラリティー、傷)・carat(カラット、重さ)と言われるもので等級がつけられており、その価値基準が決められているのです。その中でダイヤモンドの中のブラウンダイヤモンドというのも同じように扱われ、いわゆる一般的に言われているファンシーカラーダイヤモンドといわれる部類のダイヤモンドであり、このダイヤモンドの別名というのはコニャックダイヤモンドとか、シャンパンダイヤモンドとかいわれているものでもあるのですまたこれらのダイヤモンドの価値にあたるものとしては大きさや重さを表すカラットで表現されており、これは普通のダイヤモンドと同様な価値基準で判断されているのです。

ただ、ファンシーカラーダイヤモンド自体その絶対数が少ないこともあって普通のダイヤモンドと同様に希少価値の高いダイヤモンドであることは間違いのですが、ジュエリーでのその価値というのは、あってないような価値であることが多いので、この手のダイヤモンドを選ぶときには、いろいろな店を回ってその価格基準がどこにあるのか見極めながら購入することが必要だ、ということを補足させて頂きます。このようにブラウンダイヤモンドというのはその価値以外にもあることを知っていただきたく次の説明をさせていただきます。

このブラウンダイヤモンドにも石言葉というのが存在しており、それは、セクシーな関係とかいう意味があって、これにも日本名見たいなのが付いており金剛石(こんごうせき)という和名がついているのです。さて、このブラウンダイヤモンドですが、いままでで最大級の大きさというのは、南アフリカのプレミア鉱山で発見された755.5カラットもあるブラウンダイヤモンドでありこれをファセットカットを施したダイヤモンドとして有名なのがGolden Jubilee(ゴールデンジュビリ)という名がつけられたダイヤモンドであり、そのため、その時点で最大の大きさである545.67カラット(101.9g)もある世界最大のダイヤとなったのです。このように、現時点でカットを施された単一のダイヤとしてブラウンダイヤというのがトップの地位にあるのですが、この色はその点で行くとわりかしダイヤの中では多く産出される部類であり、それは粗悪品というものではないのです。

PRサイト

金買取宝石広場 ダイヤモンド・色石・ブランドジュエリー専門査定

プラチナ・ダイヤモンドオンライン買取比較業者

ダイヤ買取の市場を比較ランキングサイト