カラーダイヤモンドの不思議2

カラーダイヤモンドコレクション2

ダイヤモンド買取におけるカラーダイヤモンドと窒素の関係

ダイヤモンドは一般的には無色透明であると考えられており、ほとんどはその様な商品として売られています。 しかし天然のダイヤモンドの中には自然のいたずらの様に偶然色が付くと言うケースが存在しており、その様なダイヤがダイヤモンド買取の現場に持ち込まれることもあります。 ダイヤモンド買取の現場におけるカラーダイヤモンドの取り扱いはその色の希少性によって決定されるものであり、色が付いているということが則価値を高めるわけでもありませんし、価値を低めることにもつながりません。あくまでも美しいものであるかどうか、そして希少性があるのかどうかがダイヤモンド買取の現場では重要な要素になるのです。

ダイヤモンド買取の現場で確認されることがあるカラーダイヤモンドにはいくつもの種類がありますが、天然の環境下で作られる炭素の結晶であるダイヤの中にごくわずかな別の原子が組み込まれることによって色が変わることが分かっています。 特に天然のダイヤに色を付けるものとしては窒素の存在が重要になっています。

例えば炭素の結晶の中に窒素原子を取り込むことで炭素が欠落した場合、そのダイヤはピンク色の輝きを持つピンクダイヤモンドになります。 同じようにホウ素がわずかに置き換わるとブルーダイヤモンドになります。 同じような仕組みでグリーンやレッドと言った色も作られますが、これらは全て微量の元素の影響であると言えます。 マントルの中で時間をかけて作られるダイヤモンドにとって、マントルの中に存在する極めて希少な窒素やホウ素を取り込んだ極めて希少な結晶としてこれらのダイヤは存在しているのです。

そのため美しい結晶であるのであれば、高い価値を持つことになります。 ダイヤモンド買取の現場でも商品価値が高い物には高い買取金額が付くことになるでしょう。 しかしながら色づくことが必ずしも希少性を高めることにはなりません。

例えばイエローの輝きを持つイエローダイヤモンドは一般的なダイヤよりも価値が落ちます。 それは珍しいものではなく、商品価値が落ちるためなのです。 かなり美しいカナリアダイヤと呼ばれる結晶の中には無色透明の結晶よりも高価になることがありますが、一般的に黄色い色は価値が劣るのです。

同じようにグレーダイヤも価値が低くなってしまう色であると言えるでしょう。 そのためダイヤモンド買取の現場では実際の需要と評価によって値段が付けられる事になります。 その結果、必ずしも効果での取引が約束されるものにはならないのです。

PRサイト

金買取宝石広場 ダイヤモンド・色石・ブランドジュエリー専門査定

プラチナ・ダイヤモンドオンライン買取比較業者

ダイヤ買取の市場を比較ランキングサイト