カラーダイヤモンドの不思議2

カラーダイヤモンドコレクション2

カラーダイヤモンドの不思議2

カラーダイヤモンドの不思議2

ダイヤモンド買取サイトではカラーダイヤモンドの不思議2をご紹介しています。ダイヤモンドは無色透明のものが中心に考えられていますが、自然界では、様々な色のダイヤモンドが存在し、また人工的に色づけされた商品も多くカラーダイヤモンドとして流通しているのです。一般的に、天然のカラー生成となっている商品はナチュラルダイヤモンドと呼ばれ、人工的に色だけつけられたものをトリートメントダイヤモンドと呼んでいます。トリートメントダイヤモンドは照射線を照射したり、分子構造を変えたりして慰労を生じさせるなど様々な方法で着色を行っていくものですが、ナチュラルダイヤモンドは、自然界の不思議によって形成されるものであり、なぜカラーになってしまったのかは、完全に科学的検証がされていない部分も多くミステリーに包まれたものでもあるのです。

現状で判っているのは、自然界での放射線の照射により結晶構造が変化したものや、ダイヤモンドの生成過程に何らかの不純物が混入し、それに起因して色が生じているケースが多いということです。窒素、ホウ素、水素などの不純物がこうした役割をはたいていることが多く、結晶構造の欠陥が可視光線のエネルギー範囲に相当するきわめて低い電子状態を作り出すことによって可視光線の九州が起こり、結果としてダイヤモンドに色がついて見えるということまでは判ってきています。それぞれの発色ができるためには、色々な物質が寄与しており、偶然によって作り出された神秘を醸しだしているということができます。

たとえばピンクダイヤモンドでは窒素原子が偶然に取り込まれることで、その隣の炭素原子が欠けることとなり、その結果がピンク色の発色につながっているのです。またブルーダイヤモンドでは、炭素原子1億個の中にほぼ5個から6個のホウ素原始が取り込まれることにより青色に輝くダイヤモンドとなったとされています。グリーンの場合ですと、取り込んだ窒素原子2個に偶然はさまれた炭素原子が欠けることによろ緑色に輝くようになるのです。このようにそれぞれの色が発色するためには微妙な結晶構造の変化が関係しており、まさに自然界のレアな状況が重なって作り出された偶然の産物であることがよくわかります。それだけにナチュラルダイヤモンドは、いくつもの条件が重なりあわないとこうした色になっていかないため、非常に貴重なものといえますし、ものによっては無色透明のダイヤモンドよりも市場価値の高いものも存在する、実に奥の深い商品ということができるのです。

宝石のお買い替えを検討されているのなら、宝石買取店にご相談を

What's New

2016/10/19
研磨剤やダイヤモンドカッターに使われる宝石はダイヤモンド買取に売れるを更新しました

2016/02/05
カラーダイヤモンドの不思議2を更新しました

2016/02/01
カラーダイヤモンドの不思議2を更新しました

2015/12/25
ダイヤモンド買取りは身に任せてからでは遅い、わき道へとそれるので目的をを更新しました

2015/11/04
カラーダイヤモンドの不思議2を更新しました

2015/10/16
無色ガラスの誤称のものはダイヤモンド買取での評価が低いを更新しました

2015/09/11
ダイヤモンド買取におけるカラーダイヤモンドと窒素の関係を更新しました

2015/07/23
ダイヤモンド買取知識。高温高圧法や化学気相成長法による合成ダイヤと紛争を更新しました

2015/06/02
カラーダイヤモンドの不思議2を更新しました

2014/10/08
ホワイトダイヤモンドを更新しました

PRサイト

金買取宝石広場 ダイヤモンド・色石・ブランドジュエリー専門査定

プラチナ・ダイヤモンドオンライン買取比較業者

ダイヤ買取の市場を比較ランキングサイト